学校法人長友学園 大沢第二幼稚園 認定こども園 げんきっこ

» 幼稚園の紹介

幼稚園の紹介

本園舎
(本園舎)
こどもの館
(こどもの館)

 

名称 学校法人 長友学園 大沢第二幼稚園
認定こども園 げんきっこ
理事長 長友 博光
園長 長友 恵美子

 

子どもは本来、周りの世界に対して興味津々です。どの子も生まれながらに備わっている五感を十分に回転させて、周りの世界の不思議に驚き、珍しいものを見つけ知ろうとしています。この心こそ、子どもらしい素晴らしい宝物だと思います。

当園は子どもの生活の中から生まれる興味と関心を大切にする直接体験を重視した保育に心掛けています。丹沢連峰の山々が眼の前に広がり、周りを畑に囲まれ、約7,000㎡の広さの園庭にも恵まれています。全園児が朝から澄みきった空気の中でたっぷりと遊べる園庭は、この教育的ねらいを成就する為になくてはならないものです。更に、2004年4月、創立30周年記念事業の一環として、隣接地の林と畑の1,000坪が子どもの遊び場として拡大されました。里山ひろばと名づけ子ども達のまさに楽園です。又、2009年11月より園舎新築工事を着手、安心の耐震構造建築とセキュリティシステムも充実して、2010年8月に完成致しました。広いエントランスと廊下、清潔なトイレ、広々としたホール等、“友だち同士と沢山触れ合える園舎”との願いを込めての設計です。園庭は体力をつけるサーキット遊具コーナーと喜びと行動意欲を高める“雅致(がち)の山”、クローバーの丘など“子どもの遊び心”をかきたてる設計にしてあります。この素晴らしい自然環境を生かし、幼児期にはもっとも大切だと思う泥遊び、虫探し、植物採集、小動物との触れ合いや草花や木々の恩恵を受け日々暮らしております。このたっぷりと遊べる環境の下、沢山の知恵や思いやりが子ども達に授かります。
幼児が初めて体験する集団の場である幼稚園は家庭的な雰囲気もプラスする事が大切という園長のコンセプトから、時代の先駆けともいうべき『こどもの館(こどものやかた)』を2001年4月に増設しました。そこではみんなで楽しくお菓子作りができるキッチンルームや、“豊かな心を育てる『絵本コーナー』”も充実。そして真っ黒になって遊んだあとは仲間みんなとお風呂に入ります。幼稚園がどこよりも楽しいという事が心に育って欲しいと全職員が願っています。
大沢第二幼稚園は、昭和50年開園以来 37年間の歴史と“幼児教育は何より手作り教育”をモットーに揚げ、着実に積み上げられ、未来にはばたき輝ける人になれるように、あらゆる環境作りをしております。

園長 長友 恵美子