学校法人長友学園 大沢第二幼稚園 認定こども園 げんきっこ

» 教育方針

教育方針

明日に向かって、ぐんぐん成長していく子ども達のその可能性は無限です。3歳から6歳までの子どもの心と身体、知的発達は人間の一生の中で最も著しい時期です。

 

未来に輝く子どもを育てたい

遊びを通して自分の好きなことを発見します。
外遊びをたっぷりとし、友達や先生と遊ぶ楽しさを知り協力する心、小さいお友達を思いやる心を育てます。子どもは“遊びの天才”“発見の天才”です。直接体験や子どもの好奇心を刺激する手作りの遊びを大切にした自由時間を設けています。


年間を通じて毎日行う、かけっこやなわとび、年長児の竹馬はがんばる心、継続する力が育ちます。恵まれた自然環境を大いに活用し、近隣の大島河原への園外保育、城山へのハイキングなどで“歩く力”を付けます。四季の遊びを満喫し、よく動きよく食べ、体力を付けていく子ども達です。一人ひとりの子どもの暮らしが全力を出し切り、喜びに満ち溢れた一日であるように力を注いでいます。


“絵本の森”や“子どもの館”の絵本の部屋には5,000冊以上の絵本があり、子ども達はいつでも絵本を楽しめます。絵本は心の栄養です。
月に1度行われる誕生会。ご家族の方と一緒にお祝いする誕生会は生きる喜びに繋がります。
遊戯会では学年ごとに遊戯、音楽劇、オペレッタなどに挑戦します。みんなの前で表現する喜びと、クラスの友達、先生と力を合わせる体験は子ども達を大きく成長させてくれます。先生の熱い思いはきっと子どもに伝わります。


体をたっぷりと動かした後は集中した時間を大切に指導しています。子どもはちょっぴり難しいことが大好きです。絵本読み、文字のおけいこ、英会話、お習字、メロディオンを学年に応じて指導をします。それに向かう子ども達の顔は真剣そのものです。自分の思っていることを言葉で表現できる子どもを育てます。


畑では季節の野菜を育てます。土に触れ、育てる喜び、収穫の喜びは食べる喜びに繋がります。育てる野菜を使ってお料理にも挑戦。自分たちで作る味噌汁はみんなの大好物です。畑から収穫した野菜の美味しいこと、格別な味を舌が覚える瞬間です。園内の田んぼでは年長児がお米作りをします。稲作体験は、お米1粒1粒を大切に食べる子どもを育てます。食べることは生きる力に繋がる食育に力を注いでいます。